平成29年度 愛媛県職員採用情報 > 職種の紹介 > 技術系職員の仕事内容紹介 > 水産

未来の愛媛をつくろう

ここから本文です。

 

水産

水産

 

 

  瀬戸内海、宇和海の二つの豊かな海を持つ愛媛県は、漁業生産額が全国第3位の地位にあり、養殖生産額全国第1位をはじめ、第3位の漁港数、第5位の海岸線延長、第6位の漁船隻数など全国屈指の水産県ですが、一方、魚価の低迷、従事者の高齢化、水産資源の減少などの厳しい問題を抱えています。
 私たち水産職員は、そのような重要な課題を解決すべく、試験研究、普及指導、行政事務の業務に取り組んでいます。
 現在私は、県庁農林水産部水産局水産課に勤務しており、漁業者が実践する6次産業化の支援や漁業の担い手対策等の各種補助事業に関する事務のほか、国の交付金を活用した機器整備や調査事業の取りまとめを行っております。

  本県水産業に興味を持ち、ベンチャーマインドを持って、本県水産業の発展に前向きに取り組む意欲ある人材を求めています。

 

 

 


(詳しくはこちら⇒ 「愛媛県の水産業」のホームページ)

 

 

主任 中岡 典義

   農林水産部 水産局

 水産課

    主任 中岡 典義

【経歴】

 平成15年度

  魚病指導センター

 平成19年度

  水産試験場

 平成20年度

  水産研究センター

 平成25年度

  現所属


   水産職の業務内容

 

     水産技術の普及指導、魚病の指導、水産物のブランド化・販売促進、水産基盤整備等の水産振興業務のほか、漁

    業調整や水産資源の増養殖技術開発等の試験研究等の業務に従事します。 

 

 

普及指導

水産技術の普及指導

 生産性の向上及び漁家経営の合理化を図るため、県下5か所の普及員室に普及指導員16名をそれぞれ配置し、漁業技術の改良及び経営の改善について、積極的な普及指導を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魚病検査

魚病の診断・指導

 魚病の予防・診断・治療やこれらの知識技術の普及指導、水産用医薬品の適正使用の指導のほか、魚病研修会の開催等を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水産物の販売促進

水産物のブランド化・販売促進

 県内産養殖魚を「愛育フィッシュ」とネーミングし、広報・PR活動を行い、養殖魚のイメージアップやブランド化に取り組んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水産基盤の整備

水産基盤の整備

 沿岸漁業の安定的な発展を図るため、魚礁などの基盤整備を行っているほか、共同利用施設の設置等を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

増養殖技術等の試験研究

増養殖技術等の試験研究

 水産研究センターと栽培資源研究所では、水産動植物の増養殖や海洋環境など各種の調査研究、技術開発を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漁業調整

漁業調整

 漁業紛争の防止と資源保護を図り、円滑な操業ができるよう漁業調整を行うとともに、漁業秩序を守るため、2隻の取締船を中心に漁業取締りを行っています。

 

 ○漁業取締船(左図:せとかぜ、右図:うわかぜ)

 


   こんなこともやっています!

  

 

みかんぶり

愛媛県が開発した柑橘ハマチ(みかんブリ)について

 愛媛県の研究により、ブリに「いよかん」を食べさせることで次のような効果があることが明らかになりました。
①生臭さを抑え、さっぱりとした柑橘の風味がする
 「いよかん」に含まれるリモネンなどの精油成分が、生臭さを抑え、さっぱりとした柑橘の風味を感じることができます。
②血合い肉の変色を抑制
 「いよかん」に含まれるビタミンが血合い肉の変色を抑えます。
 県では、柑橘ハマチが愛媛県の新たなブランドとなるよう、養殖業者に対して積極的な技術の普及に努めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


   水産職の仕事の魅力

 

    「愛媛の未来づくりプラン」に掲げる「活き活きとした愛顔あふれるえひめづくり~次代を担う活力ある産業を”創

   る”~」を実現するため、水産分野では「水産えひめ振興プラン」を策定し、「もうかる漁業の確立」、「持続的な生

   産の確保」及び「意欲ある担い手の確保」を柱として、生産から加工販売までを見据えた生産性と収益性の高い足腰

   の強い産業へ再生できるよう様々なプロジェクトを推進しています。自然環境、生物、技術、法規、様々な人々など

   多方面と関わりながらの「人づくり」「ものづくり」「技づくり」「情報づくり」などを行う非常にやりがいのある

   仕事です。

 

 

先輩職員からのメッセージ

 

水産研究センター 堀内 元貴 ( ⇒ 業務内容や仕事のやりがいなど詳しい内容はこちら

 

 

  県内の主な配属先 

 

    ○本庁 

      ○各地方局水産課(支局を含む)

    ○農林水産部水産研究センター(栽培資源研究所を含む)

 

  


    《お問い合わせ》

      ○水産職の仕事に関すること

         農林水産部 水産局 水産課 資源管理係 TEL 089-912-2618       

      ○職員採用試験に関すること

         人事委員会事務局任用試験係 TEL 089-912-2826

         (県職員採用情報ホームページ http://www.pref.ehime.jp/employment/) 

 

このページのトップへ

 


Copyright(C)EHIME Prefecture. All rights reserved.