平成29年度 愛媛県職員採用情報 > 職種の紹介 > 技術系職員の仕事内容紹介 > 畜産

未来の愛媛をつくろう

ここから本文です。

 

畜産

四国カルスト牧場風景

 

 私たち畜産職は、行政事務、農家への生産及び経営指導や試験研究など様々な業務を通じて、愛媛の畜産物の安定的な生産と、安全・安心な畜産物の供給に努めています。
 私は、民間企業に勤務してから、県職員になりましたが、県職員の仕事は事業等施策の企画・立案から研究開発まで多種多様であり、数年毎に担当業務が変わるなど様々な知識や対応力が要求されます。その分仕事に対する達成感が得られ、やりがいのある仕事です。
 魅力ある愛媛の畜産のため、私たちと一緒に働いてみませんか。


 

 

(詳しくはこちら⇒ 「愛媛県の畜産業」のホームページ)

 

専門員 大北 栄人

   畜産研究センター養鶏研究所

    主任研究員 大北 栄人

【経歴】

 平成12年度

  養鶏試験場(現:畜産研究

  センター養鶏研究所)

 平成15年度

  中央家畜保健衛生所(現:

  中予家畜保健衛生所)

 平成17年度

  農林水産部 農業振興局

  畜産課

 平成20年度

  畜産研究センター養鶏

  研究所

 平成24年度

畜産課

平成27年度

現所属


   畜産職員の業務内容

 

     畜産職は、農家への生産技術や経営指導、県産畜産物のブランド化・販売促進、各種補助事業の企画・立案な

    ど畜産振興業務のほか、媛っこ地鶏、愛媛甘とろ豚に続く愛媛ブランド牛の開発や生産技術に関する試験研究に

    従事します。 

 

愛媛ブランド牛の開発

愛媛ブランド牛の開発

 従来の和牛(黒毛和種)は、脂肪交雑を重視した肉質改良を行ってきましたが、近年の消費者ニーズに合った新時代の「愛媛ブランド牛肉」開発を進めています。すでに高い評価を得ている「愛媛甘とろ豚」、「媛っこ地鶏」との畜産物の三枚看板になるよう、平成27年度の一般販売開始に向け、試験研究・普及指導・行政の各機関が一体となって取り組んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自給飼料機械作業風景

自給飼料生産体制強化事業の創設

 近年、飼料価格の高騰が続いており、生産コストが上昇し、県内の畜産農家は非常に厳しい状況にあります。そこで、輸入飼料に過度に依存しない生産体制を築くため、飼料生産組織等が行う自給飼料生産の効率化や利用拡大に必要な機械の導入と、新品種の導入など生産性向上につながる取組みへの支援を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知事への県産牛乳・乳製品贈呈式

県産牛乳・乳製品の消費拡大

 6月の牛乳月間に合わせ、県産牛乳・乳製品の消費拡大を図るため、県内酪農団体と協力し、「父の日に牛乳(ちち)を贈ろう!」キャンペーンを実施しており、県民の父である知事へ県産牛乳・乳製品をプレゼントしています。また、知事への贈呈式を皮切りに、県内乳業会社の協力を得て、県内各地において牛乳・乳製品の普及啓発活動等を行っています。


 

   畜産職の仕事の魅力

 

     畜産職の魅力は、畜産の専門知識を生かした農家指導や試験研究をはじめ、畜産振興に関する行政や畜産物の

    ブランド化など幅広い分野の仕事に携われることです。
     また、民間企業で働いていたときは常に自社の利益を中心に仕事をしますが、県職員は、関係する方々や機関

    の様々な意見を聞き、調整し、成果を形にしていくことが必要であり、そこが仕事の難しさであり、魅力であり、

    やりがいを感じるところです。 

 

 

四国カルスト牧場

大自然で牛を飼う魅力

 愛媛県と高知県の県境にある四国カルスト牧場では、県、市や関係団体と連携し、放牧牛の飼養及び衛生管理の指導をはじめ、草地管理指導や優良品種の導入指導を行うことにより、公共牧場を有効活用した効率的な放牧を推進しています。この大自然で牛を飼うすばらしさ、そこで仕事ができる喜びは、他には味わえない魅力です。

   

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

媛っこ地鶏

愛媛のブランドづくり(媛っこ地鶏)

 養鶏研究所では県が開発した「媛っこ地鶏」の農家指導、販売促進から生産技術の試験研究まで行いました。生産農家や関係機関の協力により、首都圏をはじめ県外にまで知られるブランドへ成長する過程に携われたことは、県職員としてはもちろん、一人の畜産人として、やりがいを実感できる仕事です。


 

先輩職員からのメッセージ

     

畜産研究センター 髙脇 美南( ⇒ 業務内容や仕事のやりがいなど詳しい内容はこちら

 

 

 

  県内の主な配属先 

 

    ○本庁
    ○各家畜保健衛生所(東予・中予・南予)
    ○農林水産研究所畜産研究センター(養鶏研究所も含む) 

 

 

  


    《お問い合わせ》

      ○畜産の仕事に関すること

         農林水産部 農業振興局 畜産課 酪農飼料係 TEL 089-912-2578

       ○職員採用試験に関すること

         人事委員会事務局任用試験係 TEL 089-912-2826

         (県職員採用情報ホームページ http://www.pref.ehime.jp/employment/) 

 

このページのトップへ

 


Copyright(C)EHIME Prefecture. All rights reserved.