文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2013年3月8日

悪質商法ってな~に?

悪質商法って

「悪質商法とは」の定義はありませんが、一般的には次のような販売方法をいいます。

  1. 取引上のウソやゴマカシの程度から取引上のウソやゴマカシが常識を逸脱して詐欺に近いもの
  2. 違法性の高い販売方法、弱者を守るために各種の法的な取引ルールが定められていますが、これらのルールに対する違法行為を組織的に反復して行っているもの

どんな人が被害にあっているのですか?

ある調査によると、被害者の性格は「人を信じやすく、物事を善意に解釈し、人に親切で、きっぱりと断ることができない、ほがらかで、話好きな人」、つまり典型的な善人タイプの人が多かったという結果でした。被害にあうのは特別な性格の人ではなく、だれでも心が動揺しているときや、ちょっとした油断で被害にあうということです。

悪質商法の具体的な手口にはどのようなものがありますか?

苦情の多い商法を次に具体的な例をあげて紹介します。ただし、これですべてではありません。手口は悪質業者の数ほど、あるいは悪質なセールスマンの数ほどあると言ってもいいでしょう。くれぐれも買い物や契約は慎重にしましょう。

悪質商法の被害にあわないため、あるいは被害にあった時にはどのようにすればいいですか?

具体的には、次に紹介しますが、基本的なことは、

  1. 上手な買物のしかた、契約の結び方を身につけること
  2. 被害にあったら、世間体を気にせず、一人で悩まず、相談窓口や友人などに相談するなど、とにかく声に出すことです。

「みんなで学ぼう」一覧へ

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:(相談専用)089-925-3700 (事務室)089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ