文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2013年1月15日

消費生活かるた「ろ」

ローンを組み 次々契約 支払えず

 

特定継続的役務提供

相談事例

無料体験をきっかけに通っているエステ。店員とも仲良くなったのはいいけれど、通うごとに新たなコースや化粧品などを強引に勧められ、断りきれず次々と契約してしまった。契約のたびにローンを組んだため、毎月の返済額が多額になった。

問題点

女性にとってエステはとても魅力的ですが、悪質な業者は、無料体験から強引に契約をさせたり、収入の少ない学生に対して高額な契約をさせたりします。担当者と仲良くなり、新たにサービスや商品を勧められても断れない状況になり、結果的に支払えないほどの契約をしていることもあります。

アドバイス・対処法

  • 勧誘されても、必要のない場合は、きっぱり断りましょう。
  • 事情により途中で通えなくなったり、事業者が突然倒産する場合がありますので、長期の契約は慎重に行いましょう。
  • 「特定継続的役務提供」に該当する場合は、契約書面を受け取った日から8日以内であればクーリング・オフができます。
  • クーリング・オフ期間を過ぎても、サービス提供期間内であれば、一定の解約手数料を払って「中途解約」ができます。

消費生活かるたのトップページへ戻る

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ