文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2013年1月15日

消費生活かるた「り」

流暢な 言葉に乗せられ 購入し

 

電話勧誘販売

相談事例

自宅に、突然、化粧品を勧める電話がかかってきた。1週間の無料サンプルを送ると言われ、「無料なら」と承諾した。その後、再び業者から勧誘の電話があったが、あまり効果を感じられなかったし高額なので断った。ところが、「使い続ければ、いつまでも若く、きれいでいられます。本当に効果があるものは値が張ります。今ならお得です」などと長時間勧誘を受け契約してしまった。

問題点

電話勧誘販売では、不意打ち性が高く、悪質な業者は「今から始めれば若さを維持できる」などと言葉巧みに勧誘します。健康や美容に対する不安をあおられたり、契約をせかされたり、消費者は冷静な判断をすることができなくなり、契約したことを後悔することになります。

アドバイス・対処法

  • 業者の突然の電話にも冷静な判断をし、毅然と対応しましょう。
  • 必要のない場合は、あいまいな返事はせず、はっきり断りましょう。
  • もし、契約してしまっても、契約書面を受け取った日から8日以内であれば、クーリング・オフできます。
  • 断っているのに、勧誘を続けることは法律で禁止されています。

消費生活かるたのトップページへ戻る

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ