文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2013年1月15日

消費生活かるた「ぬ」

抜け出せない 商品買うまで 帰れない

催眠商法(SF商法)

相談事例

近所で「日用品を無料で配っている」と誘われ、会場となっている空き店舗に行った。会場では手を早くあげた人などに無料で日用品を配り始めた。会場の雰囲気はどんどん盛り上がり、「今日は特別。早い者勝ち!」と言われ、高額な健康器具を購入してしまった。後日、なぜ買ってしまったのかと後悔し、解約手続きをしようとするが業者と連絡が取れない。

催眠商法とは?

「景品をプレゼントします」などと言って人を集め、無料で商品を配るなどして気分を高揚させ、冷静な判断ができない状態で商品の購入を迫ります。主な商品には、健康治療器、健康食品などがあります。この商法を始めた「新製品普及会」の頭文字を取って「SF商法」とも言われています。

アドバイス・対処法

  • 「無料配布」「格安」と誘われても、安易に会場に行かないようにしましょう。
  • いったん会場に入ってしまうと、のめり込んでしまいがちですが、自分にとって本当に必要な商品なのか、冷静に考えましょう。
  • 高齢者に対しては、会場に通っていないかなど、いつもと違う様子が見られたら、周りの方が声をかけましょう。

消費生活かるたのトップページへ戻る

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ