文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2013年1月15日

消費生活かるた「の」

のせられて おもわず購入 高額宝石

デート商法

相談事例

自宅に、男性から「アクセサリーのイベントに来て欲しい」と電話があった。話が弾み「ぜひ会いたい」と誘われイベント会場へ行った。出向いた会場でも話が盛り上がり、「君に似合うアクセサリーだよ。」とネックレスを勧められ、販売員に嫌われたくない気持ちもあって契約してしまった。

問題点

販売目的を隠して、電話やメールで近づき、恋愛感情や好意につけ込んで、相手を油断させて商品等を販売します。消費者は平静さを欠いた状態で契約しているにも関わらず、契約後も表面的には消費者の合意のうえでの契約と見られることが多く、そのことが解決を難しくしています。

アドバイス・対処法

  • 販売員が優しく親切なのは、商品を売るための手口です。よく考えて安易な契約はしないようにしましょう。
  • 目的を告げずに呼び出され契約した場合は、契約書面を受け取った日から8日以内であればクーリング・オフできます。しかし、デート商法では、クーリング・オフ期間を過ぎた頃から連絡が取れなくなることがあります。不審に思ったらすぐに消費生活相談窓口に相談しましょう。

消費生活かるたのトップページへ戻る

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ