文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2013年1月15日

消費生活かるた「ま」

「マンションの オーナーどうか」と しつこい電話

電話勧誘販売

相談事例

勤務先に「マンションを購入して安定した家賃収入を」と投資用マンションの勧誘電話があった。「説明だけでも聞いてほしい」と言われたが、仕事中だったので断りすぐ電話を切った。しかし、その後も電話があり、その都度、断っているが、しつこく電話がかかってきて大変迷惑している。

問題点

「マンション経営で節税を」とか「安定した家賃収入で老後を安心に」などのセールストークで投資用マンションの勧誘をします。電話勧誘は「不意打ち性」や「覆面性」が強く、繰り返し勧誘が行われやすく、中には「強迫」めいていたり、「長時間」に及ぶ場合もあります。

アドバイス・対処法

  • 電話で強引に勧められても、買う気がなければ「必要ありません」「お断りします」と言って、毅然とした態度で対応しましょう。
  • 契約を強要されたり、契約してしまった場合、取引形態によっては、クーリング・オフができるケースがありますので、早急に最寄りの消費生活相談窓口に相談しましょう。

消費生活かるたのトップページへ戻る

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ