文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2013年1月15日

消費生活かるた「ひ」

ひまつぶし 軽い気持ちで ついて行く

キャッチセールス

相談事例

駅前で「化粧品に関するアンケートに答えて!」と呼び止められた。「今、お肌の無料診断をしている」と誘われ、「無料なら」と軽い気持ちでついて行った。肌の診断後、「このままだとボロボロの肌になって老化が進む」などと言われ、高額なエステを勧められた。「お金がない」と断っても「ローンが組める。今なら安くする」と強引に勧誘され、分割払いで契約したが、支払が大変なので解約したい。

キャッチセールスとは?

駅や商店街などの路上で、「アンケートに答えてください」などと呼び止めて、喫茶店や営業所などに連れて行き、商品やサービスを契約させる商法です。若者に被害が多いのが特徴で、契約に応じるまで強引に勧誘したり、必要のない商品を購入させたりします。

アドバイス・対処法

  • 路上でいきなり声をかけられても、安易に呼びかけに応じたり、ついて行くのは避けましょう。
  • 勧誘の話になっても不要なものであれば、きっぱり断りましょう。
  • キャッチセールスで契約した場合、契約書面を受け取った日から8日以内であれば、クーリング・オフできます。

消費生活かるたのトップページへ戻る

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ