文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 消費生活・県民生活 > トラブル事例 > 【気になる相談】未成年者の契約について(その2)

ここから本文です。

更新日:2018年1月30日

【気になる相談】未成年者の契約について(その2)

相談事例

  • 未成年者が20歳以上であると偽ってオンラインゲームをし、親のクレジットカードを勝手に使用して決済したことに関する相談(その2)

高校生の子供が、休み期間中に勝手にオンラインゲームを行い、その中で年齢を確認された際に20歳であると偽りゲームを続けた。支払い手段として、親のクレジットカードを無断で使っていたため、翌月になって80万円を超える請求書が届いた。

【問題点】

先月は、事例の二つの問題点、「未成年を理由にゲームの利用契約を取り消すことができるか」「クレジットカードを利用された親は支払い義務があるか」のうち、「未成年を理由にゲームの利用契約を取り消すことができるか」についてご説明しました。今月は、残る「クレジットカードを利用された親は支払い義務があるか」についてご説明します。

  • クレジットカードを利用された親は支払い義務があるか

一般的に、クレジットカードの利用規約では、会員(=クレジットカードの名義人)は、他人が自分のクレジットカードを勝手に使えないよう、クレジットカードやクレジットカード情報(暗証番号等)を管理することが義務付けられています。特に、会員の家族や同居人がクレジットカードを不正に利用した場合は、紛失や盗難を警察に届出をしていた場合でも、支払い義務を免れない内容になっています。

どの程度の管理が必要かについては、個々の事例で異なりますが、本事例のように、子どもが親のクレジットカードを無断で使用し、ゲーム利用料金の決済手段として使用してしまった場合には、クレジットカードの名義人である親の管理責任は厳しく問われ、支払い義務を免れることができなくなる可能性が十分にあります。

【対処法】

クレジットカードに自らサインをしたうえで、カード本体、ID、パスワードを適切に管理することが大切です。

特に、ネットショッピングやオンラインゲームなどネット上でクレジットカードを使うと、次回の入力の手間を省くため、ID、パスワードが保存される仕組みのシステムが多くなっていますが、「保存しない」を選択することがトラブルを未然に防ぎます。

  • 不安なことがあったりトラブルに巻き込まれた場合は、一人で悩まず、最寄りの消費生活相談窓口に相談しましょう。
  • 愛媛県消費生活センターでは消費生活に関する相談を受け付けております。また、愛媛県内の全ての市町には「消費生活相談窓口」が設置されています。

消費生活相談窓口

印刷用PDF(PDF:140KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ