文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 消費生活・県民生活 > トラブル事例 > 【気になる相談】未成年者の契約について(その1)

ここから本文です。

更新日:2018年1月12日

【気になる相談】未成年者の契約について(その1)

相談事例

〇未成年者が20歳以上であると偽ってオンラインゲームをし、親のクレジットカードを勝手に使用して決済したことに関する相談(その1)

高校生の子供が、休み期間中に勝手にオンラインゲームを行い、その中で年齢を確認された際に20歳であると偽りゲームを続けた。支払い手段として、親のクレジットカードを無断で使っていたため、翌月になって80万円を超える請求書が届いた。

【問題点】

今回の事例の問題点は、「未成年を理由にゲームの利用契約を取り消すことができるか」「クレジットカードを利用された親は支払い義務があるか」。の二つです。内容が豊富なため、2回に分け、今月は、「未成年を理由にゲームの利用契約を取り消すことができるか」についてご説明します。

〇未成年を理由にゲームの利用契約を取り消すことができるか

民法第5条第2項で、未成年者が法定代理人(親)の同意を得ないで行った法律行為は、取り消すことができるとされています。今回の事例では親の同意がなくゲームを行っていますので、通常のお小遣いの範囲を超える部分(年齢により設定されている課金額の上限が参考になります。)の利用について、取消しが可能になります。

他方、同法第21条では、未成年者が成人であることを信じさせるため詐術を用いた場合(契約の相手方をだます行為をした場合)は、その行為を取り消すことができないとされています。詐術とは、年齢を偽るとか、親の同意を得ていると偽った場合も該当しますので、今回のように、オンラインゲームの入力画面で20歳であると入力したことも該当します。ただし、積極的な詐欺的手段を用いることが必要であるとされており、一般的に、「20歳以上ですか」と聞かれて、単に「はい」と答えただけでは該当しないとされていますが、それぞれの事例に応じて判断が異なります。

【対処法】

一般的に、未成年者が20歳以上であると偽った場合に、取消しができず、高額な利用料金の支払い義務が生じますので、クレジットカードの管理等には、十分な注意が必要です。特に、長期の休み期間中などに、このような相談が多くなっています。ご家庭で、オンラインゲームの適切な利用について話し合ってみてはどうでしょうか。

〇不安なことがあったりトラブルに巻き込まれた場合は、一人で悩まず、最寄りの消費生活相談窓口に相談しましょう。

〇愛媛県消費生活センターでは消費生活に関する相談を受け付けております。また、愛媛県内の全ての市町には「消費生活相談窓口」が設置されています。

消費生活相談窓口

印刷用PDF(PDF:141KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ