文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 関係機関 > その他委員会 > 海区漁業調整委員会・内水面漁場管理委員会

ここから本文です。

更新日:2017年9月14日

海区漁業調整委員会・内水面漁場管理委員会

委員会開催のお知らせ

海区漁業調整委員会とは

海区漁業調整委員会は、地方自治法第138条の4、第180条の5及び漁業法第82条の規定に基づき設置された合議制の漁業調整機構で、水面を総合的に利用し、漁業生産力を発展させ、あわせて漁業の民主化を図ることを目的に設置されています。

主に、漁業に関する事項を処理するとともに、漁業者間又は漁業者と遊漁者とのトラブル防止や水産資源の管理などの役割を担っています。

海区漁業調整委員会の構成は、専門的な技術、知識、経験が必要とされることから、漁業者代表9名、学識経験者4名、公益代表委員2名の計15名で構成されています。

内水面漁場管理委員会とは

内水面漁場管理委員会は、地方自治法第138条の4、第180条の5及び漁業法130条の規定に基づき設置された合議制の漁業調整機構で、水面を総合的に利用し、漁業生産力を発展させ、あわせて漁業の民主化を図ることを目的に設置されています。

主に、県内内水面における水産動植物の採捕及び増殖に関して多くの機能と役割を果しています。

内水面漁場管理委員会の構成は、漁業者代表4名、学識経験者4名及び採捕者2名の計10名で構成されています。

委員会指示とは

海区漁業調整委員会及び内水面漁場管理委員会は、漁業法第67条の規定に基づき、「水産動植物の繁殖保護」、「漁場の使用に関する紛争の防止又は解決のため」、「水産動植物の採捕に関する制限又は禁止」など関係者に対し必要な指示をすることができることになっています。

現在、愛媛海区漁業調整委員会及び愛媛県内水面漁場管理委員会からの委員会指示は次のとおりとなっています。

指示事項を選択すると、詳細がPDFファイルで開きます。

愛媛県海区漁業調整委員会指示(2017年4月1日現在)

 

指示事項

指示期間

1

瀬戸内海におけるさわら延なわ漁業の禁止(PDF:4KB)

期限なし

2

たちうお浮延なわ漁業の禁止(PDF:4KB)

期限なし

3

宇和海におけるいか釣漁業の集魚灯の制限(PDF:4KB)

期限なし

4

スクリューこぎ網漁業の禁止(PDF:4KB)

期限なし

5

宇和海におけるふぐ浮延なわ漁業の禁止(PDF:5KB)

期限なし

6

愛媛県海域におけるふぐ浮き流し釣り漁業の禁止(PDF:4KB)

期限なし

7

瀬戸内海におけるふぐ浮延なわ漁業の禁止(PDF:4KB)

期限なし

8

定置漁業の保護区域(PDF:40KB)

平成26年1月1日から平成30年12月31日まで

9

宇和海におけるまき網漁業及び浮敷網漁業の操業制限(PDF:78KB)

平成27年4月1日から平成30年3月31日まで

10

宇和海におけるかご漁業の操業制限(PDF:43KB)

平成28年4月1日から平成30年3月31日まで

11

真珠及び真珠貝養殖にかかる吊りかご制限(PDF:27KB)

平成28年4月1日から平成30年3月31日まで

12

愛媛県海域における竿つり及び手づりの制限(PDF:53KB)

平成28年4月1日から平成30年3月31日まで

13

宇和海におけるさわら流し網漁業及びさごし、めじか流し網漁業の操業制限(PDF:31KB)

平成29年4月1日から平成30年3月31日まで

 

愛媛県内水面漁場管理委員会指示(2017年4月1日現在)

 

指示事項

指示期間

1

コイヘルペスウイルス病まん延防止(PDF:47KB)

平成29年4月1日から平成30年3月31日まで

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

海区漁業調整委員会・内水面漁場管理委員会

〒790-8570 松山市一番町4-4-2(水産課内)

電話番号:089-912-2621

ファックス番号:089-947-3032

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ