文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 広聴・パブリックコメント > 意見募集・パブリックコメント > パブリック・コメント(意見公募) > 「愛媛県における感染症の予防のための施策の実施に関する計画(愛媛県感染症予防計画)(案)」に寄せられた意見と県の考え方

ここから本文です。

更新日:2017年12月25日

「愛媛県における感染症の予防のための施策の実施に関する計画(愛媛県感染症予防計画)(案)」に寄せられた意見と県の考え方

 「愛媛県における感染症の予防のための施策の実施に関する計画(愛媛県感染症予防計画)(案)」について、平成29年11月8日(水曜日)から平成29年12月11日(月曜日)までの期間でパブリック・コメントを実施したところ、1人の方から2件の意見をいただきました。案に対する意見と考え方は、次のとおりです。

 なお、いただいた意見は、適宜集約・要約しております。

寄せられた意見と県の考え方
 

寄せられた意見の要旨

県の考え方

1

【県及び市町における関係部局との連携 15頁】

【提案】「若年世代に性感染症が蔓延しつつある現状を鑑み、実効性ある性教育指導が行える医療関係者の教育現場への協力も推し進める。」と追記してはどうか。

 

【理由】梅毒を始めとする性感染症が10代の若者に広がりつつあることが報じられているが、性感染症のリスクや防ぎ方を伝える性教育が学校で行えていないのではないか。

 

 「県及び市町は、関係機関と連携を図りながら、学校や職場に対して、感染症に関する情報提供、研修会の開催等を行う。」と記載しており、医療関係者については、関係機関に含まれますので修正はありませんが、具体的な施策の検討に際し、参考とさせていただきます。
2 【医師等の果たすべき役割 2頁】

【提案】「学校での性感染症予防のための性教育に際し、主に産婦人科に従事する、性感染症の知識や治療過程などに詳しい医療関係者は学校からの求めに応じて出向き、性感染症の恐ろしさの実態を児童生徒へ伝えることに可能な限り協力せねばならない。」と、上記に併せて追記してはどうか。

 

【理由】性感染症の恐ろしさについて、現実味をもって伝えられる人材が学校内にいないのではないか。

 

 本計画で義務づけることができる内容ではないため修正はありませんが、具体的な施策の検討に際し、参考とさせていただきます。

問い合わせ先

愛媛県 保健福祉部 健康衛生局 健康増進課 感染症対策係
TEL:089-912-2402 FAX:089-912-2399

パブリックコメントのホームページへ

愛媛県庁ホームページへ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部行革分権課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2226

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ