文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 広聴・パブリックコメント > 意見募集・パブリックコメント > パブリック・コメント(意見公募) > 愛媛県科学技術振興指針第二次改訂(案)に寄せられた意見と県の考え方

ここから本文です。

更新日:2017年6月5日

愛媛県科学技術振興指針第二次改訂(案)に寄せられた意見と県の考え方

 愛媛県科学技術振興指針第二次改訂(案)について、平成29年5月2日(火曜日)から平成29年5月22日(月曜日)までの期間でパブリック・コメントを実施したところ、1人の方から3件の意見をいただきました。
 案に対する意見と考え方は、次のとおりです。
 なお、いただいた意見は、適宜集約・要約しております。

寄せられた意見と県の考え方
 

寄せられた意見の要旨

県の考え方

1

〇現在の子どもは忙しく、余裕ある時間は相当に削られている。

 このため、科学に興味を持った子どもが科学関連のことに使える時間を確保できるよう授業時間の削減や学校行事への強制参加の取りやめ又は緩和を図るなど「時間の余裕の確保」が必要ではないか。

 

 御提言の趣旨を踏まえ、短時間でより効果の高い施策となるよう、具体施策の検討に際し、今後の参考とさせていただきます。
2

〇「地域振興に資する高等教育機関の整備・充実を支援」することに加え、人材の確保が重要である。熱意、能力ともに十分な若い人材が飛び級などを経て高等教育機関に入れるような教育制度改革を行うよう、関係機関に働きかけるべきではないか。

 

 若い人の活躍の場を広げるべきとの御提言の趣旨については、「科学技術を担う人づくり」の研究者等の育成・確保に関する具体施策の検討に際し、今後の参考とさせていただきます。
3 〇国際的な連携・交流の促進を進めるに当たり、敵対的な国々からの産業スパイ等に対し、県内企業がどのような対策をとるべきか明記する必要があるのではないか。

 海外における知的財産の保護や権利侵害に対する対応については、指針において、愛媛県知的財産戦略に基づき、意識啓発や連携強化に取り組むこととしており、県としても県内企業の海外特許出願に対する支援や海外における権利侵害への対応に関する情報提供に努めて参りたいと考えています。

 

問い合わせ先

愛媛県 企画振興部 地域振興局 地域政策課 活力創出グループ
TEL:089-912-2235 FAX:089-912-2969

パブリックコメントのホームページへ

愛媛県庁ホームページへ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部行革分権課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2226

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ