文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 広聴・パブリックコメント > 意見募集・パブリックコメント > パブリック・コメント(意見公募) > 第2次愛媛県歯科口腔保健推進計画(案)に寄せられた意見と県の考え方

ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

第2次愛媛県歯科口腔保健推進計画(案)に寄せられた意見と県の考え方

第2次愛媛県歯科口腔保健推進計画(案)について、平成28年12月22日(木曜日)から平成29年1月22日(日曜日)までの期間でパブリック・コメントを実施したところ、1人の方から8件の意見をいただきました。
案に対する意見と考え方は、次のとおりです。
なお、いただいた意見は、適宜集約・要約しております。

寄せられた意見と県の考え方

寄せられた意見の要旨

県の考え方

〇喫煙者は歯周病で歯を失う人が多く、受動喫煙でも同様のリスクがあるため、広報により力を入れ、施策と啓発を進めていただきたい。

 

〇歯周病以外に、口内炎や舌がん、食道がんなども喫煙及び受動喫煙と因果関係があるため、これらも施策と啓発が重要である。

 

 本計画案では、喫煙と歯周病の関連に関する普及啓発等についても取り組むこととしておりますが、ご意見の趣旨を踏まえ、具体施策の検討に際し、今後の参考とさせていただきます。

〇喫煙者の禁煙をサポートするために、歯科(歯周疾患対応)の禁煙治療の保険適用の新設が重要であると考えるので、中央社会保険医療協議会に対する強い要請を期待する。

 

〇国が受動喫煙対策の強化を検討している状況を鑑み、歯科保健推進の観点からも行政機関等の敷地内(屋内)禁煙の周知徹底をお願いする。

 

〇歯科治療は保険適用外など多額の自己負担があるため、補助制度や保険適用の必要性に触れて進めていただくことを期待する。

 

〇がん検診や職域等の健診における喫煙者への啓発及び禁煙を積極的に勧める取組みが必要である。

 

〇禁煙サポートについて、特定健診やがん検診等は40歳以上が対象であるため、20歳~30歳代及び未成年者に重点を置いた取組みが必要である。

 

〇喫煙及び受動喫煙のタバコに、非燃焼の加熱式タバコ等の新型タバコも含める必要がある。

 

 左記の御意見については、今回の計画の内容と直接関係しませんが、必要に応じて今後の参考とさせていただきます。

問い合わせ先

愛媛県 保健福祉部 健康衛生局 健康増進課 健康政策係
TEL:089-912-2401 FAX:089-912-2399

パブリックコメントのホームページへ

愛媛県庁ホームページへ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部行革分権課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2226

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ