文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 広聴・パブリックコメント > 意見募集・パブリックコメント > パブリック・コメント(意見公募) > 愛媛県果樹農業振興計画(案)に寄せられた意見の要旨と県の考え方

ここから本文です。

更新日:2016年4月5日

愛媛県果樹農業振興計画(案)に寄せられた意見の要旨と県の考え方

 

 

寄せられた意見の要旨

県の考え方

1

 県産かんきつ類をふるさと納税の謝礼品とし、更に出荷期日など納税者の利便性を向上させることで、効果的なPRになるのではないか。

 ふるさと納税の謝礼としてすでに市町で実施されておりますが、PR施策の参考とさせていただきます。

2

 かんきつ類のPRとして、かんきつ詰合セットを利息とする地方債を発行してはどうか。  これまで地方債の利息を現物で支払った事例がないことから、合法性や地方債本来の意義、金融商品の時価評価やニーズ等を踏まえ慎重に検討する必要があります。
3

 新品種開発体制を限られた予算で充実させるため、研究開発から手を引く自治体等から、研究設備を安い値段で譲り渡してもらうことを検討してはどうか。

 また、譲り渡してもらい易くなるよう、本県の試験研究の宣伝に努めてはどうか。

 研究設備の充実は、真に必要な設備を費用対効果や財政状況等を見極めて行うものであり、ご提案のような研究設備がこれに合致するものであれば検討してまいりたいと考えます。

 また、本県の果樹研究センターやみかん研究所は、愛媛果試第28号(紅まどんな)や甘平等の優れた品種を育成し、生産者をはじめ、全国の消費者等からも高い評価をいただいており、今後も次代を担う品種や技術の開発に取り組んでまいります。

4  担い手対策として、企業に対する機械化農業(ロボット農園)や定年退職者に対する趣味農業等の呼びかけを実施してはどうか。

 「愛媛県果樹農業振興計画(案)」において、多様な担い手の確保・育成や園地の継承を推進することとしており、ご提案の趣旨は、今後、施策を進めるに当たって、参考とさせていただきます。

 なお、一般企業への農地の貸借に関しては、農地法に基づく一定の要件のもとで許可できることとされております。

問い合わせ先

愛媛県 農林水産部 農業振興局 農産園芸課 果樹係 
TEL 089-912-2566

パブリックコメントのホームページへ

愛媛県庁ホームページへ

お問い合わせ

総務部行革分権課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2226

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ