愛媛県メニュー
文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 地方局の取組み > 中予地方局 > 愛媛・中予の観光情報サイト「ちゅうよ観光ナビ」 > 愛媛の芸術に親しむ 愛媛・中予の観光情報サイト「ちゅうよ観光ナビ」

ここから本文です。

印刷する

愛媛の芸術に親しむ 来て・見て・感じて「愛媛の芸術」

  • 坊っちゃん劇場
  • 高畠華宵大正ロマン館

ルートA坊っちゃん劇場

一年を通じてミュージカルを公演しています。

日本初、地域文化発信の常設劇場として、観客との一体感を大事にしています。第一弾の「坊っちゃん!」から最新作をとおして、愛媛県の歴史的・文化的伝統をモチーフにした舞台芸術を表現しています。

みどころ

坊っちゃん劇場は、場内のどの席に座っても、最良の音を提供できるように音響にこだわっています。また公演後は、出演の役者が劇場の出入口付近にある砥部焼と菊間瓦のモニュメント前にて見送ってくれ、握手、記念撮影など気軽に応じてくれるので観客と役者との距離がとても近く感じることができる劇場です。

生の声

『1年を通じて公演が替わります。』

『舞台も大掛かりなものになってきているので、中ホールを大ホールに見せれらるように工夫しています。』

坊っちゃん劇場

営業時間
公演日程はホームページよりご確認ください。 
料金
一般 3,910円 (前売 3,600円)
団体15名以上3,300円 団体50名以上2,990円
高校生 2,680円 (前売 2,370円)
小・中学生 2,160円 (前売 1,860円)
※上演内容にて変更有
駐車場
2,300台
住所
東温市見奈良1125
電話・FAX
電話番号 089-955-1174
FAX番号 089-955-5830
Web
http://www.botchan.co.jp/(外部サイトへリンク)
Mail
info@botchan.co.jp

車で約10分

ルートB高畠華宵(たかばたけ かしょう)大正ロマン館

高畠華宵の描いた美人、美少年などの挿絵・洋画などの華宵芸術を堪能することができます。

大正から昭和にかけて一世を風靡(ふうび)した挿絵画家、高畠華宵の美術館。華宵作品が約4,300点、華宵写真・書簡・遺品類が約500点、その他のメディアアート作品約1,200点、大正・昭和初期の時代資料約5,200点が所蔵されており、その中から時代・流行に沿ったテーマごとに展示されています。

みどころ

高畠華宵の描いた美人、美少年などの挿絵・洋画からは独自の世界観を感じることができます。年4回のテーマ展を開催しているので、訪れるたびに新たな発見があります。館内には落ち着いた雰囲気の喫茶コーナー「カフェ・カショー」があり、優雅なひとときを過ごせます。またここでしか買えないオリジナルの華宵グッズなども販売しています。

高畠華宵(たかばたけ かしょう)大正ロマン館

営業時間
11時から17時(入館締切 16時30分)
(土曜日・日曜日開館、特別展中開館日は別途指定、展示替え・学会等臨時休館日あり)
料金
大人 500円 小学生以下無料、華宵会会員無料
障がい者手帳をご持参の方は400円
駐車場
有り
住所
東温市下林丙654-1
電話・FAX
電話番号 089-964-7077
FAX番号 089-964-7222
Web
http://www.kasho.org/(外部サイトへリンク)
Mail
kasho@almond.ocn.ne.jp

グルメ・特産品情報

スポット1ハタダお菓子館

ハタダ御栗タルトの製造見学や試食ができます。

畑田本舗ではお菓子の販売をはじめ、お菓子の製造見学、和菓子喫茶、特産品の販売などもしています。ハタダお菓子館名物の大型紙芝居「ハタダ栗タルト劇場」(8時から17時 5名様より 無料)では、マドンナがハタダ栗タルトの歴史を説明します。また、「ハタダ栗タルト道場」(有料)で栗タルト作りを体験できます。

みどころ

ハタダ栗タルト、御栗(おんくり)タルトはここお菓子館内の松山工場で作られています。製造の様子をガラス越しに見学でき、さらに試食も可能です。できたてほかほかの「鳴門金時ポテト」、「ジューシー焼きドーナツ」なども実演販売しています。

ハタダお菓子館

営業時間
8時30分から20時
料金
ハタダ栗タルト道場 1080円
駐車場
乗用車100台 観光大型バス20台
住所
東温市牛渕1008-1
電話・FAX
電話番号 089-964-5000
FAX番号 089-964-7133
Web
http://www.hatada.co.jp/shop/okashi-kan.html(外部サイトへリンク)
Mail
-

スポット2さくら市場

東温市近辺の新鮮な農作物や加工品等を販売しています。

さくら市場はさくらの湯に併設され、入浴後にも気軽に立ち寄れる産直市場です。農産物などは、店内だけではなく、店外テントの内でも販売されています。月に1度の「さくら感謝デー」では、お得なサービスがたくさん行われています。

みどころ

東温市の地元農家が収穫した新鮮な農産物を中心に、花き類、漬物やお弁当などの生産者の手作りの加工品、手芸品がずらりと並んでいます。新鮮さはもちろん、野菜・花き類は鮮度にこだわったものばかりです。

さくら市場

営業時間
9時から17時
休業日 毎月第4水曜及び12月31日~1月3日 
料金
-
駐車場
約200台(さくらの湯と共有)
住所
東温市北方甲2081-1
電話・FAX
電話番号 089-960-6510
FAX番号 089-966-1455
Web
-
Mail
-

寄り道観光スポット

見奈良(みなら)天然温泉 利楽(りらく)

東温市

見奈良(みなら)天然温泉 利楽(りらく)

西日本最大級の野天風呂で、深さ1,500mから湧水する源泉は、49℃と高温、泉質はナトリウム塩化物・炭酸水素塩温泉で神経痛や筋肉痛などをやわらげる効能があります。本館の宴会場は最大120人収容、別館の宴会場は最大150人収容可能で、大人数でのパーティーや会合など様々なシーンで幅広くご利用いただけます。

さくらの湯(東温市ふるさと交流館)

東温市

さくらの湯(東温市ふるさと交流館)

家族風呂などご家族連れの方も、楽しんでいただける温泉があります。春には、温泉の名前のとおり、桜の花を見ながら露天風呂を楽しめます。入浴後にゆったりとくつろぐことができる談話コーナーや多目的使用が可能な交流室(有料)などもあります。

  •  

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。


お問い合わせ

中予地方局商工観光室

〒790-8502 松山市北持田町132番地 

電話番号:089-909-8760

ファックス番号:089-909-8394

内容に関することはページ内の各担当課にお問い合わせください。


より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?