文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2013年1月15日

遊泳用プールの衛生管理

遊泳用プールの衛生基準の概要

多数の人が利用する遊泳用プールの衛生を確保するため、水質基準、施設基準、維持管理基準が定められています。

学校の水泳プールを除く、すべての遊泳用プールが対象となっています。

(1)水質基準

 

pH

5.8以上8.6以下

濁度

2度以下

過マンガン酸カリウム消費量

12mg/L以下

残留塩素濃度

0.4mg/L以上(1.0mg/L以下が望ましい)

二酸化塩素による消毒の場合のプール水の二酸化塩素濃度

0.1mg/L以上0.4mg/L以下

大腸菌

検出されないこと。

一般細菌

200CFU/mL以下

総トリハロメタン

0.2mg/L以下(暫定目標値)

(2)施設基準

  • プール水の消毒は、原則として塩素又は塩素剤等の連続注入によるものとし、プール水中の残留塩素濃度が均一にできるように注入口数、注入位置を定めること。

(3)維持管理基準

  • プール水を水質基準で定める状態に維持すること。
  • 管理責任者、衛生管理者を設置すること。
  • プール水を常に消毒すること。
  • 残留塩素濃度がプール内で均一になるよう管理すること。
  • 残留塩素濃度の測定を、毎日、午前中1回以上、午後2回以上測定すること。
  • pH、濁度、過マンガン酸カリウム消費量、大腸菌、一般細菌については、毎月測定すること。
  • 総トリハロメタンについては、毎年1回以上測定すること。

詳しくは、以下の基準をご覧ください。

  1. 遊泳用プールの衛生基準(PDF:287KB)
  2. プールの安全標準指針(PDF:486KB)

〒790-8502
愛媛県松山市北持田町132
愛媛県中予保健所
生活衛生課生活衛生係
電話:089-909-8758
メール:chu-skt-eisei@pref.ehime.lg.jp

ページのトップへ

ホーム

一つ前に戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

中予地方局企画課

〒790-8502 松山市北持田町132番地 

電話番号:089-909-8755

ファックス番号:089-931-8455

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ