文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 住宅 > 住宅情報 > 優良木造住宅利子補給制度のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2013年1月15日

優良木造住宅利子補給制度のお知らせ

住宅イメージ

愛媛県地域材利用木造住宅
建設促進資金利子補給金交付制度

木造住宅の建設促進と地域材の利用拡大を図ることを目的として、自らが居住するために県内で一戸建ての木造住宅(対象住宅)を新築・購入される方が、住宅主要部材に50%以上の地域材を利用し、住宅金融公庫(以下「公庫」)又は指定金融機関から融資を受ける場合に、最長で5年間の利子補給が受けられる制度です。

制度名

愛媛県地域材利用木造住宅建設促進資金利子補給交付制度

特徴

対象者

  • 自らが居住するために、一戸建ての対象住宅を県内で新築又は購入される方

※県の制度資金(愛媛県持家住宅建設促進資金、愛媛県勤労者持家住宅建設資金、農業近代化資金(特定農家住宅資金に限る))を利用される方は本制度の対象とはなりません。

対象住宅

  • 主要部分に地域材(県内で生産された製材又は集成材)を50%以上利用する木造住宅
  • 県内に事務所を有する施工業者が、在来工法又は枠組壁工法により建設される木造住宅
  • 住宅部分の床面積が70平方メートル以上280平方メートル以下の木造住宅

対象融資

  • 公庫及び指定金融機関の融資(自己資金や共済資金等は対象となりません。)

※指定金融機関融資の場合、建築確認を要する住宅は「検査済証(写)」を、建築確認を要しない住宅は「建築工事届(写)」を承認申請書に添付します。(ただし、証券化支援事業融資は不要です。)

利子補給の内容

  • 基本融資額の残元金に年1%の割合で算出した額と、えひめ地域木造住宅加算額の残元金に年2%の割合で算出した額の合計が利子補給金となります。

※借入金利が上記利率を下回った場合には、その利率を利子補給率とします。

地域材利用率

利子補給対象額

基本融資額

えひめ地域木造住宅加算額

50%以上70%未満

公庫の住宅融資額又は指定金融機関の住宅融資相当額(上限額:800万円)

(上限額:500万円)
(注)基本融資額との計が、融資総額を超えない範囲。

70%以上

公庫の住宅融資額又は指定金融機関の住宅融資相当額

事務手続きの流れ

  • 指定金融機関への融資申込みと同時に、各指定金融機関の窓口でお申込みください。
  • えひめ地域木造住宅加算を受けられる方は、指定金融機関での申込み以前に、地方局・土木事務所において設計審査を受けておく必要があります。
  • 建売住宅では、建売業者があらかじめ各証明等を準備しておく必要があります。
  • 申込みは各指定金融機関で受付順に処理しますが、年間の利子補給対象戸数に達した場合は、締め切らせていただくことがあります。

利子補給制度フローチャート

TOPページに戻る

お問い合わせ

中予地方局森林林業課

〒790-8502 松山市北持田町132番地 

電話番号:089-909-8767

ファックス番号:089-909-8397

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ