文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 仕事・産業・観光 > 林業 > 担い手育成 > 建設業者林業参入支援モデル事業

ここから本文です。

更新日:2016年4月5日

建設業者林業参入支援モデル事業

久万高原土木事務所では、県下初の試みとして建設業者が林業に参入することで、雇用の維持拡大、建設業と林業の活力再生や地域の活性化を図る事業を展開しています。

平成21年度の活動状況

  • 平成21年7月「久万高原林業参入森づくり協議会」設立。
    (構成メンバー 学識経験者、林業者、建設業者、行政機関)
  • 平成22年3月「久万高原林業参入森づくり協議会提案書」策定。

提案書の内容

  1. 施業基準マニュアルの策定の提案
  2. 講習・研修会の提案
  3. 間伐材の有効活用策の提案
  4. 間伐材実用試験実施の提案
  5. 施業の評価・検討会設置の提案
  6. 林業参入事業を将来的にも継続する方策の提案

平成22年度の活動状況

「提案書」の実践のため「林業参入評価検討会」設置。

1.第1回林業参入評価検討会(平成22年6月30日)

 

2.研修・講習会開催(平成22年8月20日~9月17日、7回、延べ177名参加)

研修・講習会

研修名

講師

場所

時期

参加人数

1.林業労働安全衛生講習会

林業・木材製造業労働災害防止協会 陶山安全管理士

建設業協会

8月20日

23名

2.コスト管理講習会

久万林業活性化センター 梶川課長補佐

同上

8月23日

23名

3.木材流通講習会

県森林組合連合会久万山市場 土居所長

同上

8月23日

23名

4.市場動向・造材研修

県久万高原森林林業課 村上専門員

同上

8月20日

23名

5.選木・造材研修

上浮穴林業研究グループ連絡協議会 梶川会長

町有林
二名

9月16日

30名

6.市場動向・造材研修

久万広域林業組合久万市場 中島所長

同上

9月16日

30名

7.作業路開設、高性能林業機械研修

株式会社 藤岡林業 藤岡社長

民有林
内子町

9月16日

25名

3.試験施業(平成22年10月4日~11月5日、4箇所)

建設業者が21年度策定の「施業基準マニュアル」に基づき施業

評価検討会で施業の評価・検証

試験施業

施業場所

施業事業体

施業内容

時期

参加人数

久万地区町有林

羽澤建設、若山建設
高岡建設、高山建設
沼田建設

間伐(高性能林業機械)
作業路開設(間伐材利用)

10月4日~10月6日

9名

二名地区県営林

久保建設
拓明建設

同上

10月6日~10月8日

10名

上畑野川A地区 町有林

若山建設

同上

10月27日~11月5日

6名

上畑野川B地区 町有林

美川建設

同上

10月27日~11月5日

6名

4.間伐材の有効活用策の実施

試験施業による間伐材使用

作業路の路肩補強(林参ロード,木組工,根株)

谷止工

2次製品による間伐材使用

県道に木製のガードレール、視線誘導標

小学校に木製ベンチ

小学校正門前に木製側溝蓋など

5.他地域の協議会との意見交換会

天竜地域建設業・林業共働モデル検討協議会(静岡県)(平成22年7月29日(木曜日))

(来町者)林業参入を目指す建設事業体、森林組合、行政関係者 23名

(主な意見交換の内容)

  • 林業参入のきっかけ、経緯
  • 久万林業の実態
  • 久万高原町の林業参入事業の実施状況

鹿本ふるさと森林づくり協議会(熊本県)(平成22年12月15日(水曜日))

(来町者)林業参入を目指す建設事業体、森林組合、行政関係者 12名

(主な意見交換の内容)

  • 建設業者と森林組合との棲み分け
  • 建設業者の経営状況
  • 山林所有者との調整
  • 間伐材の利用促進

6.第2回林業参入評価検討会(平成22年12月20日)

試験施業の評価、施業基準マニュアル、間伐材有効活用による木材の需要拡大及び今後の林業参入の取組体制の4つの検討事項について、協議しました。

検討会では、建設業者の施業の評価について、一部技術的に未熟な点はあるものの、平均点以上の評価でした。また、会員の方からは建設業者の施業のどこが悪いのかではなく、どこをどう直せば建設業の林業参入が上手にできるかの観点から評価・検討をいただきました。

さらに、久万高原町、森林組合、建設業協同組合などで構成する組織を立ち上げ、23年度以降も継続して林業参入を推進することとなりました。

7.第3回林業参入評価検討会(平成23年3月1日)

建設業者による試験施業の評価結果、施業基準マニュアルの修正及び間伐材有効活用による木材の需要拡大など、検討会の活動内容をまとめた「評価検討会報告書」及び林業参入を紹介するパンフレット「林業参入のススメ」の掲載内容を決定しました。

「報告書」及び「林業参入のススメ」(A2版両面印刷)は、県内外の林業や建設業及び建設業の再生を支援している関係者に広く配布し、情報を発信します。

また、平成23年度以降も建設業者が主体となって林業参入活動を継続する組織「建設業者林業参入促進会議」を設立しました。今後も、林業と建設業の活性化による元気な地域創りを目指します。

「林業参入のススメ」

「提案書」、「報告書」、「林業参入のススメ」の内容について、詳細にお知りになりたい方、林業参入について情報交換したい方、ご意見のある方は、【問い合わせ先】までご連絡ください。

問い合わせ先

愛媛県中予地方局久万高原土木事務所
担当者:名越
TEL 0892-21-1210
FAX 0892-21-0773
MAIL kuma-doboku@pref.ehime.lg.jp(題名に「林業参入」と記載してください。)

現地研修(造材)

現地研修(造材)

現地研修(高性能林業機械による伐木・造材)

現地研修(高性能林業機械による伐木・造材)

試験施業の評価

試験施業の評価

間伐材を使った作業路補強(林参ロード)

間伐材を使った作業路補強(林参ロード)

木製側溝蓋(久万小学校前)

木製側溝蓋(久万小学校前)

木製側溝蓋(久万小学校前)

木製側溝蓋(久万小学校前)

木製ベンチ(久万小学校)

木製ベンチ(久万小学校)

木製ベンチ(久万小学校)

木製ベンチ(久万小学校)(平成21年度上浮穴高校製作)

木製ガードレール(県道西条久万線)

木製ガードレール(県道西条久万線)

木製ガードレールと木製視線誘導標(県道西条久万線)

木製ガードレール(県道西条久万線)木製視線誘導標(県道西条久万線)

天竜地域協議会との意見交換会

天竜地域協議会との意見交換会

林業参入評価検討会(第3回)

林業参入評価検討会(第3回)

建設業者林業参入支援モデル事業の背景

久万高原町内における建設業者と林業との関係図

ホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

中予地方局久万高原土木事務所

〒791-1201 上浮穴郡久万高原町久万571番地の1 

電話番号:0892-21-1210

ファックス番号:0892-21-0773

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ